本田圭佑の移籍先を予想

うーん、日本代表、最終予選かなり苦戦していますね。こんなに苦戦するとは思っていなかったのでちょっとがっかりしています。やはりこの不振の原因は主力選手がクラブで結果を出していないというところに大きな原因があるのかも知れません。

特に本田圭佑選手は所属先のミランであまり試合に出れていないですしね。ただ、個人的にはイラク戦での動きを見るとフィジカル面ではやっぱり頼りになるなという感じでしたが。ラモスさんが言うように、もうちょっとコンデションやパフォーマンスがあげられるように思います。

では、どこに移籍するのが最適なのかや本田圭佑選手自身どこに移籍するのか素人なりに予想してみました。あくまで私はサッカー素人なので素人の戯言と思ってみてくださいね。サッカー経験者でもないですし…部活は野球でしたし…でもサッカー好きです。

どこに移籍するのが良いのか?

自分が考えるに本田選手の最大の魅力はボールキープと視野の広さなのかなと思います。その代り前を向くプレーやプレースピードをアップさせるなどの速い攻撃は苦手ですね。本田圭佑選手だけではないですが、過度なプレッシャーにも弱くスペースがないと視野の広さなども生かしにくいのかなと。

そういった意味ではプレミアリーグよりもブンデスリーガやリーガエスパニョーラの方が向いているのかもしれません。また前線でのプレーよりも一歩下がったボランチでのプレーの方がボールキープ力や視野の広さ、プレービジョンの豊富さが生きていくのかなと勝手に思っちゃってます。

今は久保選手があまり調子が良くなかったり、香川選手がケガをしているなど前線の選手がコマ不足ですが、久保選手や岡崎選手の復調、香川選手が復活するようになったらボランチで使ってみるのも面白いのかなと思います。そのためには前線の選手でしっかりタメめをつくれたりボールキープできる選手が大迫以外にいると助かりますね。

それと個人的にはアジアでは遅攻でも通用すると思いますが、ワールドカップになるとカウンター攻撃が重要になってくると思います。その時にプレースピードが遅い選手はなかなか全線で使いにくくなってくるかもしれませんね。

その辺久保選手や大迫選手、香川選手はターンして前を向いたり、ワンタッチでゴールに迫ることができるので良いですよね。柴崎選手などもその点でも本大会では期待しています。予選でも読んで欲しいな…代表でも見てみたいです。

本田圭佑選手自身はどこに行きたいのか?

本田さん自身そのクラブのプロジェクトがどのようなビジョンで進んでいるのかを見ている的な事を依然話していました。また最近では自分のクラブをオーストリアに持つなど、経営者視点の目線が入ってきているように感じます。

つまり、自分が考えるに野心のあるクラブに移籍するのかなと思います。そういった意味では成長が期待できる中国リーグのクラブもあり得ますしが、結局目指すところはACL制覇になると思うので選択肢の優先度としては低いかもしれません。

理想はパリサンジェルマンの様にヨーロッパに存在するクラブでお金や知恵を絞って本気でチャンピオンズリーグ優勝を狙っているチームなのかもしれませんね。また様々な移籍先を旅することはこれから先クラブのオーナーとしてやっていく中での人脈作りとして役に立ちそうですしね。その辺のことを考えて移籍先を探しているのではないでしょうか?

そう考えると本田選手も引退が近づいているのかなと思い少し寂しいです。VVVフェンロから、どんどんビッグクラブを目指す姿を応援していたのでなんだか感慨深いですね。ミランで10番ですから、本当に本田選手はすごいですね。これから先日本人でミランの10番を背負う人は出てくるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です